文章倉庫

文章の倉庫です。いい文章が書けるようにがんばります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

幸福の花

 車内は混雑してきた。会社近くの駅までは約60分。地方都市のベットタウンにある分譲マンションを買ったのは3年前だ。家庭に入ってからすっかり丸くなった妻と、1歳半になる娘の3人暮らしだ。家族との平穏な暮らしと引き換えに、通勤時間は倍なった。往復4時間かかるという職場の同僚と比べたらまだましな方だ。

 吊り革に掴まりながら、車内を見渡す。ドアの側に立っているスーツ姿の男性が、目を閉じ、髭の剃り残しを確かめている。前の座席に座っているOL風の女性は、長い髪で顔を隠し眠っている。電車の揺れに合わせて、彼女の髪も左右に動く。右隣に座っている中年女性はその度に迷惑そうな顔をする。そのまた隣に座る女子高生は、先ほどから携帯をいじっている。彼女の前に立っている同じ制服の二人は友達だろう。何か話している。一人が彼女に話し掛けたが気づかない。あるいは気づかないふりをしているのだろうか。

 朝の車内は、人々の疲労を乗せた空気が重い。誰もがお互いの存在に無頓着だ。

 次の駅で、対向列車とのすれ違いのために数分停車する、というアナウンスが流れる。車窓からは、9階建てのマンションが見える。3階の右から2つ目のベランダでは、主婦が洗濯物を干している。5階の左角では、小さい子供を抱いた女性が子供の手を取って電車に手を振っている。今日は天気がいいからか、マンションの多くのベランダに布団が干されていて、遠目にもにぎやかだ。
 毎日、この数分に私が注目するのは、9階の右角だ。プランターに植えられた色とりどりの花々がベランダの手すりに掛けられている。電車の中から眺めても、その鮮やかさは一際目立っている。一年を通して花の色は変化するが絶えたことがない。趣味にしては念入りな手入れを想像する。きっと、理解のある夫に、まめに家庭のことをこなす凝り性の妻、そして、もしかしたら子供もいるかもしれない。まさに絵に描いた様な明るい家庭、美しい花々・・・・。
 ベランダの花々に映し出される家庭の様子を思い描いているうちに電車は走り始めている、というのがいつものパターンだった。
 しかし、今日はどうしたことだろう。この数年、花のないことのなかった最上階の右角のベランダは、花がないのはおろか、花々の咲き乱れていたプランターさえも取り払われている。
 5階の左角では、相変わらず子供を抱いた女性が私たちを乗せた電車に手を振っている。3階の右から2つ目のベランダの主婦は洗濯干しが終わったらしく、部屋の中に戻ったようだ。今度は直ぐ下の階の主婦が洗濯籠を抱えてベランダに出てきた。
 他の階では普段通りの日常が営まれているというのに、私がいつも注目する9階の右角だけ、突然日常という枠から切り取られてしまったようだ。引越しでもしたのだろうか。
 
 しばらくして、電車が走り始めた。
私はその後も少し気になって、視界から遠ざかる9階建てのマンションを離すまいと視線で追いかけた。

 すると、9階の右角のあの部屋から一人の男が出てきて、ふらふらと、今は花のないベランダの手すりに近寄った。スーツ姿だ。表情は読み取れないが、動きからして覇気がない。出勤前にベランダで煙草でも吸うつもりなのだろうか。
 と、次の瞬間、男は手すりに足を掛け、身を乗り出す。手すりに腰を掛ける。9階。ブランコのように足を振ったかと思うと、足が一番遠くに出たタイミングにあわせて、手すりを握る手に力を込め、その身を空中に放り出した。
 男の体はふわりと浮くと、後は重力に従って放物線を描きながら、落ちる。私は、遠ざかる電車の中から、落下する男の姿を、見て・・・。

 ようやく思い出した。
半年前に会社を首になったことは隠していた。
消費者金融からの脅迫めいた電話は一ヶ月前から毎日続いた。
一昨日、妻が娘を連れて出て行った。


落ちているのは私だ。


つり革に掴まる私の前の座席に座っているOL風の女性が立ち上がると、
私を通り抜け反対側のドアの前に移動した。
私から少し離れて右側に立っていた女子高生の1人の腕がするりと伸び、私をつき抜け、私の左側に立つもう一人の女子高生の肩を叩く。ねえ、宿題やって来た?学校ついたら教えてくれない?

誰からも見えていない。

次の瞬間、目の前には、灰色のコンクリートが迫る。
どすん、と鈍い音が響き、私は・・・。
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/05/14(日) 02:09:56|
  2. 短編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<書けない?書かない? | ホーム | 07. ペット>>

コメント

 どもども、こちらの短編も読ませて頂きました。

 何気に通勤通学散歩の道すがらの一場面を、毎日ちょっとづつ観察していたりしますよね。
 主人公の事を、誰かが見ていてくれていなかっただろうかと寂しい余韻が残ります。周囲のことを何も気にしていないようでいて、主人公のように車内を観察している人もいるように、なにか希望が落ちていないかと、目をこらします。
  1. 2006/05/16(火) 23:48:45 |
  2. URL |
  3. ヨーノ #-
  4. [ 編集]

ヨーノさんへ

こめんとありがとうございます。
文章力がまだ足りず、まだ少し伝わってないみたいなので
推敲したいと思います。
また読んでくださいね。
  1. 2006/05/17(水) 12:18:53 |
  2. URL |
  3. Neutron #-
  4. [ 編集]

ご無沙汰していますけんです。

いままで読ませて頂いたものとはちょっと違った作風で、なんかどきどきしながら読ませていただきました。

男性視点というのも、あまり無かったですよね?

冒頭の平和な雰囲気から、後半につれて一気にミステリアスに変わっていくのがどきどき度を増しました。

色々な作品をこれからも楽しみにしています。

  1. 2006/05/21(日) 23:28:58 |
  2. URL |
  3. けん@neo #-
  4. [ 編集]

けん@neoさんへ

コメントありがとうございます。
まだまだ未熟なのでもっとがんばります。(笑)
  1. 2006/05/24(水) 00:05:40 |
  2. URL |
  3. Neutron #-
  4. [ 編集]

遅ればせながら読ませていただきました。
独特の空気はそのままに、内容は…
ちょっと切なくなりました。
なんだかこういう現実ってあるんだろうな…
そんな気分です。
  1. 2006/05/28(日) 21:59:55 |
  2. URL |
  3. KING MONKEY #-
  4. [ 編集]

こめんとありがとうございます。

  1. 2006/05/29(月) 21:59:09 |
  2. URL |
  3. Neutron #-
  4. [ 編集]

とてもとてもお久しぶりです;;
かなり遅ればせながら読ませていただきました。
最初、ウンザリするほどの細かい車内描写が出てきて、一体どういう伏線だろうと思っていたらこういうことだったのですね。
『誰からも見えていない』という表現が男の絶望を表していますが、『自殺している私が居るのに、誰もそれに気付かない』という意味も含ませるのであれば、もう少し考えてみてもいいかもしれませんね。
なんて偉そうなことを言いましたが、全体的に凄く書き方が上手いなぁと終始感心してました;;
小娘の戯言と思って聞き流していただいて構いません。
作風が凄く好きなので、また来させてもらおうと思います。その時は、また宜しくお願いしますね。
  1. 2006/10/10(火) 02:23:29 |
  2. URL |
  3. 愚かな小説家、改め花 #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neutron.blog60.fc2.com/tb.php/54-1be89890
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Neutron

Author:Neutron
Neutron(ニュートロン)といいます。

お立ち寄りいただきありがとうございます。
小説を書くことで
自分の考えていることや考え方が
皆さんに届いて、共感していただいたり、
感じ取ってもらえる様な作品を書ける様になりたい!
と思っています。
まずは、とりあえず書いてみよう!と思い始めたブログです。
まだまだ未熟ですが・・・。



少しずつですが書き溜めてます。
倉庫目次

お題に沿って、65文字以内で場面を描写する練習をしています。悪戦苦闘中です。
修行目次
未熟者ですがどうぞよろしくお願いします。

※エロ系トラックバックは即効削除します。
お互い労力の無駄です。張らないでください。



最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

アフィリエイト

格安レンタルサーバーのご紹介

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。