文章倉庫

文章の倉庫です。いい文章が書けるようにがんばります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

『毎日少しずつ進む話。』(4)

すべて吐き出したようなすっきりした気分ではあったけれど、まだ酔いは抜け切らなかった。

個室を出て洗面所の鏡の前に立って口をゆすぎ、化粧を直しながらぼんやりと自分の顔を見ていた。

すると、私の駆け込んだ隣の個室から、背の高い女性が、大きな紙袋を抱えて出てきた。

鏡に映った彼女の姿を眺めていた。

黒のコートに細身のデニム。
キャスケットを目深に被っていて顔の半分は見えない。

彼女は私の隣の洗面台までくると、顎を上げて、鏡を覗いた。
目が合った。

「あ。」

私は小さな悲鳴をあげた。彼女は男性だったのだ。

すらりとした容姿から女性と思い込んでいたのだが、顎に無精ひげが生えていた。

「あ?」

と彼は、低い声で答えた。
彼も、少し驚いたようだった。

トイレには彼と私以外だれもおらず、静かだった。

つづきはこちら
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/05/08(月) 11:29:33|
  2. 連載
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<『毎日少しずつ進む話。』(5) | ホーム | 『毎日少しずつ進む話。』(3)>>

コメント

とても続きが気になります。

ああ、どうもけんです。

さっそくの相互リンクありがとうございます!

これからもよろしくお願いします。

  1. 2006/05/08(月) 22:38:21 |
  2. URL |
  3. けん@neo #-
  4. [ 編集]

けん@neoさん

ああ、どうもけんさん、Neutronです。
今後ともよろしくおねがいします!

小説「株価」読みますね。
  1. 2006/05/08(月) 22:47:54 |
  2. URL |
  3. Neutron #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neutron.blog60.fc2.com/tb.php/51-53f2696d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Neutron

Author:Neutron
Neutron(ニュートロン)といいます。

お立ち寄りいただきありがとうございます。
小説を書くことで
自分の考えていることや考え方が
皆さんに届いて、共感していただいたり、
感じ取ってもらえる様な作品を書ける様になりたい!
と思っています。
まずは、とりあえず書いてみよう!と思い始めたブログです。
まだまだ未熟ですが・・・。



少しずつですが書き溜めてます。
倉庫目次

お題に沿って、65文字以内で場面を描写する練習をしています。悪戦苦闘中です。
修行目次
未熟者ですがどうぞよろしくお願いします。

※エロ系トラックバックは即効削除します。
お互い労力の無駄です。張らないでください。



最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

アフィリエイト

格安レンタルサーバーのご紹介

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。