文章倉庫

文章の倉庫です。いい文章が書けるようにがんばります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

透明フェロモン(12)

 その日は、雲ひとつない快晴で、夏の太陽はぎんぎんと照らしつけていた。眼下に見える海面は日差しにつられてゆらゆらうねっていた。
 暑いから早く帰ってきてね。冷たいもの用意しておくから。とカノンさんは言って、いってらっしゃいと私たちに手を振った。

「今日は暑いね。」
「暑い暑い。ミチヒロさん、髪が張り付いてるよ。」

 白壁の教会の角を折れたあたりで、私は背の高いミチヒロさんの髪に触れた。白髪が私の指に絡みついた。

ミチヒロサンは目を丸くした後、直ぐにいつもの笑顔で、

「汗っかきなもんでね。」

と言った。

木立の間を抜ける階段は、日差しをよけてくれるのでまだ涼しかったが、海から上がってくる湿り気のある空気が、草いきれと混ざり合って、独特なにおいがした。

「ミチヒロさん、昨日寝るの遅かったの?」

と私が聞いたのは、海の見える東屋で休憩しているときだ。暑くて、会話が途切れたので、投げやりに言った。

「え、なんで?」
「今朝起きるの遅かったから。」
「まあ、遅かったよ。」
「なんで?私が寝た後、仕事してた?」
「いや、仕事はしてない。」
「何してた?」
「どうしてそんなに聞くの?」
「え、別に。何してたのかなと思って。」
「カノンとウッドデッキで、夜の海の音を聴いていたよ。雨が上がった後。」
「ふうん。」

ミチヒロさんは、ふうん、という私の言い方を真似して、ふうん、と言った。

 私が前日の深夜にウッドデッキに見た二つの影は、確かにミチヒロさんとカノンさんであった。寝ぼけながらも、二人がしていた行為を知らないほど私は子供ではなかったのだが、
私の生まれる前に恋に落ちた二人が、何十年も経ったその日にもまだ尚、性的な営みがあるということを、ちょっとした奇跡のように感じたのだ。

 そのことについて、ミチヒロさんはどう表現するのか少し期待して問いかけたのだった。返ってきた答えは、ミチヒロさんらしい素敵なフレーズだった。安心もしたが、がっかりもした。

 海の音を聴いていたよ・・・。

「・・・カノンさんと、」

カノンさんと、セックスしていたんでしょ?私見てしまったんです、午前2時ごろ。丁度喉が渇いて、目が覚めて水を飲みにキッチンに行ったときだったんです、香水の香りがして、影が揺らめいていて・・・、と言いかけて私はやめた。そんな野暮なことは言わない方がいい。

もし言ったら、ミチヒロさんは何て答えただろうか。夫婦だから当たり前じゃないか。などとは言うはずはない。
きっと、少年のように耳たぶまで真っ赤にして、もう、私のことを見つめてもくれないだろう。

「ユウちゃん、どうかした?」

 ミチヒロさんの声で、我に返った。蝉の声がうるさい。波の音は静かだ。

「・・・暑いからぼっとしちゃった。」
「そろそろ行こうか。」
「そうね。・・・カノンさんの用意する冷たいものってなにかな。」
「なんだろう、カキ氷か、アイスクリームか、かちんかちんに冷えたアイスコーヒーとか。」
「ビールではなさそうだよね。」
「それはないだろうね。」
「ビール飲みたいね。」
「それはいいね。最高だろうね。」

 立ち上がると、水平線のあたりに小さく白い船が見えた。上空では羽を大きく広げた鳶が滑空していた。
 
 家に帰るとビールではなくカキ氷が出てきた。カノンさんらしくエメラルドグリーン色のメロン味だった。

透明フェロモン(13)
スポンサーサイト

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

  1. 2006/04/16(日) 23:30:09|
  2. 連載
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<01.告白(2) | ホーム | 01.告白>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://neutron.blog60.fc2.com/tb.php/28-4df69bdd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

Neutron

Author:Neutron
Neutron(ニュートロン)といいます。

お立ち寄りいただきありがとうございます。
小説を書くことで
自分の考えていることや考え方が
皆さんに届いて、共感していただいたり、
感じ取ってもらえる様な作品を書ける様になりたい!
と思っています。
まずは、とりあえず書いてみよう!と思い始めたブログです。
まだまだ未熟ですが・・・。



少しずつですが書き溜めてます。
倉庫目次

お題に沿って、65文字以内で場面を描写する練習をしています。悪戦苦闘中です。
修行目次
未熟者ですがどうぞよろしくお願いします。

※エロ系トラックバックは即効削除します。
お互い労力の無駄です。張らないでください。



最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

アフィリエイト

格安レンタルサーバーのご紹介

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。